社会福祉事業
社会福祉事業
青少年健全育成
関連リンク

第25回みんなといっしょの運動会を開催

令和4年10月2日(日)、今年で25回目となる「みんなといっしょの運動会」が日野市民の森ふれあいホールにて開催されました。本会場での開催は2回目となります。当日は秋晴れとなり、温かい日射しが降り注ぐ好天にめぐまれました。日野ライオンズクラブ・日野市社会福祉協議会・日野市の主催により行なわれ、今回はボッチャ交流大会として開催されました。
当クラブもボッチャ競技に参加し、みんなとともに汗を流し、勝敗を競いました。
今年は新たな取組みでしたが、競技に参加した皆さんが存分に運動会を楽しみました。

日野警察署にて献血活動を行いました

令和4年9月8日(木)、日野警察署前をおかりして、献血活動をおこないました。ややコロナが落ち着きつつありますが、時折雨が降る曇天の中、無事に行なうことができました。
当クラブからは6名のメンバーが参加し、日野警察署からは多くの署員の方々が献血に参加してくださいました。この場をおかりして心から感謝申し上げます。また、友人・知人を始め、従業員の方々にもお声をかけ、今回は45名の方がお越しくださり、その内35名の方に献血ご協力をいただきました。

第38回チャリティゴルフ大会を開催

令和4年5月17日(火)、第38回チャリティゴルフ大会を東京バーディクラブにて開催いたしました。時おり小雨ぱらつくこともありましたが、曇空のもと穏やかな気候のもと、プレーすることができました。
ゴルフコンペには25組、100名の方々がご参加下さいました。また、OUT8番、IN17番ホールではチャリティボックスを設けチャリティにご協力頂きました。この場をおかりして感謝申し上げます。
頂いた浄財は当クラブの「青少年育成」「社会福祉」「薬物乱用防止教育講習会」等々の アクティビティの基金として大切の使わせて頂く予定です。

日野警察署にて献血活動を行いました

令和4年2月17日(木)、今年も日野警察署前をおかりして、献血活動をおこないました。いまだコロナ禍のただ中ではありますが、無事に行なうことができました。
当クラブからは4名のメンバーが参加し、日野警察署からは多くの署員の方々が献血に参加してくださいました。この場をおかりして心から感謝申し上げます。また、友人・知人を始め、従業員の方々にもお声をかけ、今回は35名の方にご協力をいただきました。

日野警察署にて献血活動を行いました

令和3年9月7日(火)、今年も日野警察署前をおかりして、午前9時から午後4時30分まで献血活動をおこないました。コロナ禍のただ中ではありますが、無事に行なうことができました。
当クラブからは7名のメンバーが参加し、日野警察署からは多くの署員の方々が献血に参加してくださいました。この場をおかりして心から感謝申し上げます。また、友人・知人を始め、従業員の方々にもお声をかけ、今回は47名の方にご協力をいただきました。

日野警察署にて献血活動を行いました

令和2年9月2日(水)、今年も日野警察署前をおかりして、9時30分から午後3時30分まで献血活動をおこないました。コロナ禍のただ中ではありますが、無事に行なうことができました。
日野警察署の皆様には、多くの署員の方々が快く献血に参加してくださり、この場をおかりして心から感謝申し上げます。東京日野多ライオンズクラブのメンバーも高齢化しつつありますが、若手が先頭を切って献血を行い、また、友人・知人を始め、従業員の方々にもお声をかけ、多くの方々にご協力をいただきました。

日野市産業まつりにてチャリティ・バザーを開催!

令和元年11月9(土)・10日(日)、日野市産業祭が開催され、東京日野ライオンズクラブでは、産業祭の会場内にブースを設けてチャリティ・バザーを行ないました。
今年の日野市産業まつりも、晴天に恵まれ、日野市民の森ふれあいホール・駐車場・仲田の森蚕糸の森公園・日野市民の森スポーツ公園を会場として、盛大に行われました。
今回も、東京日野ライオンズクラブのおとなりの「東京都薬物乱用防止日野地区協議会」のブースで薬物乱用防止のパネル展示と市民への呼びかけも行われ、当クラブの薬物乱用防止教室活動の様子もパネル展示されました。

ライオン誌日本語ウェブマガジンから取材

令和元年10月6日(日)運動会の当日、ライオン誌日本語ウェブマガジンから「みんなといっしょの運動会」に関する取材を受けました。当クラブからは山崎功氏が代表してインタビューに応えました。取材の内容は、みんなといっしょの運動会の始まった経緯や、目的にはじまり16項目にわたる質問を受けましたが、ここではその中から4つの項目に関してご紹介します。なお、ライオン誌での公開は、11月1日の予定です。https://www.thelion-mag.jp/

質問:このアクティビティの始まった経緯について
第1回は、社会福祉協議会が都の補助金を活用して単独で開催しましたが、その状況を見学したクラブのメンバーのひとりが、すぐにこのアクティビティに協力しようと提案し、ただちに次年度からの開催協力が決定しました。
協力が決定したと同時に、運営費の一部として助成金の拠出、競技用スタッフとしてメンバーが参加することに決定しました。
当初は、ライオンズクラブ主導でどうですかと打診されましたが、障害者施設への参加依頼、ボランティアの募集等、クラブでは対応が困難であると伝え、共催という形で今日まで続いています。東京オリンピック決定以後、日野市も共催として参加して頂いています。

質問:ウィルチェアラグビー体験会がありますが、毎回このようなイベントを行っているのですか
東京オリンピック2020が決定した時より、この大会にふさわしいイベントとして組み入れることとなり、一昨年はバスケットを行いました。(昨年は台風のため中止)
それ以前は、会場であった中央大学の応援団・チアガールの演技を昼休みに行っていました。

質問:これまでの活動の中で、印象に残るエピソード等はありますか
開催当初は「青空の下みんなと一緒の運動会」という名称でした。会場は東芝のグランド、実践大学の体育館で開催し、東芝グランドの時は急な雨で障害者を屋内テントに誘導したり、実践大学の時は体育館の入口が2階のため木製のスロープを設置し、大勢の人の協力で障害者に会場に入ってもらったことなどを思い出します。
当時はメンバーも若く、皆わっしょいわっしょいという雰囲気でした。その後、雨に影響されない大会が出来るよう、中央大学の体育館を借りることができ、大会の名称も「みんなと一緒の運動会」と改め、大学からは学長杯の大きなトロフィーの提供を受け、更に大会が盛り上がるようになりました。先程も述べましたが、昼休みには中央大学の応援団・チアガールの演技をして頂き大会に花を添えて頂いています。
ここ数年は330―A地区ガバナー、副地区ガバナー、ZCなど多くのキャビネット役員の方々が応援に駆けつけて頂いています。

質問:この活動は地域や参加団体からどのように期待されていますか
この運動を通じ、障害者のことを少しですが考えるようになりました。
障害者の運動会を開催することがすごいことであり、スタッフの皆さんに感謝するばかりです。
共催者はもちろん、各団体、一般の人、学生等多くの人々が大会に協力し開催されていることに驚いています。

第23回みんなといっしょの運動会を開催

令和元年10月6日(日)、今年で23回目となる「みんなといっしょの運動会」が日野市民の森ふれあいホールにて開催されました。昨年から日野市民の森ふれあいホールが会場となりましたが台風接近のため中止となり、本会場での初開催となりました。当日は秋晴れとなり、温かい日射しが降り注ぐ好天にめぐまれました。日野ライオンズクラブ・日野市社会福祉協議会・日野市の主催により、参加団体は15団体、協力団体は21団体となり、競技参加者343人、サポート者(施設職員・保護者・ご来賓等)312人、参加総数655人もの多くの方々が参加され、盛大に行なわれました。
当クラブからは11名が参加し、来賓としてライオンズクラブ国際協会330-A地区第一副地区ガバナー進藤義夫L、14R1Zゾーン・チェアパーソン岩崎盛司L、GST社会福祉・障がい者支援委員会副委員長飯沢宗光L、GST社会福祉・障がい者支援委員会委員萩原和典L、GST献血・献腎・献眼・骨髄移植委員会委員谷合ひろよLが出席されました。
また、「ライオン誌日本語ウェブマガジン」から当アクティビティに関する取材を受けました。その様子は別記事にてご紹介します。
今年は、ウィルチェアラグビーの選手が迫力あるデモンストレーションを披露してくださり、希望者には体験指導もして下さいました。
また、首都大学のチアリーディング部・応援団の皆さんからエールを送られ、参加者の皆さんも元気をもらい、存分に運動会を楽しみました。

日野警察署にて献血活動を行いました

令和元年9月4日(水)、今年も日野警察署前をおかりして、9時30分から午後3時30分まで献血活動をおこないました。晴天に恵まれ、無事に行なうことができました。
日野警察署の皆様には、多くの署員の方々が快く献血に参加してくださり、この場をおかりして心から感謝申し上げます。東京日野多ライオンズクラブのメンバーも高齢化しつつありますが、若手が先頭を切って献血を行い、また、友人・知人を始め、従業員の方々にもお声をかけ、多くの方々にご協力をいただきました。

第36回チャリティゴルフ大会を開催

令和元年5月20日(月)、第36回チャリティゴルフ大会を府中カントリークラブにて開催いたしました。九州・沖縄地域での豪雨が関東に近づいていることから、雨が心配されましたが降られることなくスタートすることができました。
ゴルフコンペには35組、137名の方々がご参加下さいました。また、OUT7番、IN17番ホールではチャリティボックスを設けチャリティにご協力頂きました。この場をおかりして感謝申し上げます。
頂いた浄財は当クラブの「青少年育成」「社会福祉」「薬物乱用防止教育講習会」等々の アクティビティの基金として大切の使わせて頂く予定です。

日野市産業まつりにてチャリティ・バザーを開催!

平成30年11月10(土)・11日(日)、日野市産業祭が開催され、東京日野ライオンズクラブでは、産業祭の会場内にブースを設けてチャリティ・バザーを行ないました。
今回の日野市産業まつりは、当日は晴天に恵まれ、日野市民の森ふれあいホール・駐車場・仲田の森蚕糸の森公園・日野市民の森スポーツ公園を会場として、盛大に行われました。
今回も、東京日野ライオンズクラブのおとなりの「東京都薬物乱用防止日野地区協議会」のブースで薬物乱用防止のパネル展示と市民への呼びかけも行われ、当クラブの活動の様子も展示されました。

日野警察署にて献血活動を行いました

平成30年9月12日(水)、今年も日野警察署前をおかりして、9時30分から午後3時30分まで献血活動をおこないました。晴天に恵まれ、無事に行なうことができました。
日野警察署の皆様には、多くの署員の方々が快く献血に参加してくださり、この場をおかりして心から感謝申し上げます。東京日野多ライオンズクラブのメンバーも高齢化しつつありますが、若手が先頭を切って献血を行い、また、友人・知人を始め、従業員の方々にもお声をかけ、多くの方々にご協力をいただきました。

第35回チャリティゴルフ大会を開催

平成30年4月16日(月)、第35回チャリティゴルフ大会を府中カントリークラブにて開催いたしました。一昨日からの嵐も過ぎ去り、当日はあたたかな日射しのなか、八重桜や藤、つつじ、ハナミズキなどが花咲き、若葉と芝生の緑もあざやかななかでのプレーとなりました。
佐藤外次会長、奥住匡人実行委員長をはじめ、当クラブからは13名が協力し、ゴルフコンペには134名の方々がご参加下さいました。OUT7番、IN17番ホールではチャリティボックスを設けチャリティにご協力頂きました。この場をおかりして感謝申し上げます。
頂いた浄財は当クラブの「青少年育成」「社会福祉」「薬物乱用防止教育講習会」等々の アクティビティの基金として大切の使わせて頂く予定です。

日野市産業まつりにてチャリティ・バザーを開催!

平成29年11月11(土)・12日(日)、日野市産業祭が開催され、東京日野ライオンズクラブでは、産業祭の会場内にブースを設けてチャリティ・バザーを行ないました。
今回の日野市産業まつりは、お天気があやぶまれましたが、当日は晴天に恵まれ、日野市民の森ふれあいホール・駐車場・仲田の森蚕糸の森公園・日野市民の森スポーツ公園を会場として、盛大に行われました。
今回は、東京日野ライオンズクラブのおとなりの「東京都薬物乱用防止日野地区協議会」のブースで薬物乱用防止のパネル展示と市民への呼びかけも行われ、当クラブの活動の様子も展示されました。
また、日野市の養蚕の貴重な文化財でもある桑ハウスが「国登録有形文化財」に登録されました。
当日は一般公開されました。

第21回みんなといっしょの運動会を開催

平成29年10月1日(日)、今年で21回目となる「みんなといっしょの運動会」が中央大学体育館にて開催されました。穏やかな好天のなか、盛大に行われました。前大会から、日野ライオンズクラブ・日野市社会福祉協議会・日野市の主催となり、選手・ボランティアスタッフをあわせ約646名の方々が参加されました。
また、ライオンズクラブから地区ガバナー細川孝雄(東京赤坂LC)・第1副地区ガバナー L今井文彦(東京巣鴨LC)も駆け付けてくださり、ドネーションもいただきました。この場をおかりして御礼申し上げます。
今年も日野市の協力を得てパラリンピック競技でもあるブラインドサッカー日本代表強化選手の田中章仁選手をお招きし、ブラインドサッカーのデモンストレーションや体験会を行い、トップ選手の卓越した技に会場からは多くの歓声があがっていました。
また、恒例となりました中央大学のチアリーディング部・ブラスバンド部・応援団の皆さんからエールを送られ、参加者の皆さんも元気をもらい、存分に運動会を楽しみました。

第34回チャリティゴルフ大会を開催

平成29年4月18日(火)、第34回チャリティゴルフ大会をGMG八王子ゴルフ場にて開催いたしました。昨晩から降り始めた激しい雨と風により開催が危ぶまれましたが、当日朝には予報に反して雨も止み、無事に開催することができました。
吉富正敏会長、大塚政雄実行委員長をはじめ、当クラブからは17名が協力し、ゴルフコンペには150名の方々がご参加下さいました。この場をおかりして感謝申し上げます。
頂いた浄財は当クラブの「青少年育成」「社会福祉」「薬物乱用防止教育講習会」等々の アクティビティの基金として大切の使わせて頂く予定です。

日野市産業まつりにてチャリティ・バザーを開催!

平成28年11月12・13日、日野市産業祭が開催され、東京日野ライオンズクラブでは、産業祭の会場内にブースを設けてチャリティ・バザーを行ないました。
今回の日野市産業まつりは50周年にあたり、日野市民の森ふれあいホールと日野市市民の森スポーツ公園の間を通る道路も封鎖して会場として使用し、日野市民の森ふれあいホール・駐車場・仲田の森蚕糸の森公園・日野市民の森スポーツ公園を会場として、これまでになく盛大に行われました。
また、日野市の養蚕の貴重な文化財でもある桑ハウスも一般公開され、担当の方々が館内の説明を行い、先人の努力と工夫の様子を語ってくれました。
12日、13日ともに暖かな好天に恵まれ、多くの人がつめかけ、大盛況でした。

第20回みんなといっしょの運動会を開催

平成28年10月2日(日)、今年で20回目となる「みんなといっしょの運動会」が中央大学体育館にて開催されました。秋の長雨が続いていましたが、当日は秋晴れとなり、温かい日射しが降り注ぐ好天にめぐまれました。今大会から、日野ライオンズクラブ・日野市社会福祉協議会だけでなく日野市も主催者に加わり、選手・ボランティアスタッフをあわせ約600名もの多くの方々が参加され、盛大に行なわれました。
今年は、リオデジャネイロパラリンピックにも出場した日本車椅子バスケットボール連盟の選手がデモンストレーションを披露してくださり、希望者には車椅子バスケットの体験指導もして下さいました。トップ選手の技に会場からは多くの歓声があがっていました。
また、恒例となりました中央大学のチアリーディング部・ブラスバンド部・応援団の皆さんからエールを送られ、参加者の皆さんも元気をもらい、存分に運動会を楽しみました。

日野警察署にて献血活動を行いました

平成28年9月7日(水)、昨年に引き続き、日野警察署前をおかりして、9時30分から午後3時30分まで献血活動をおこないました。台風接近による雨が心配されましたが、早朝の雨のあとは晴れ間がもどり、無事に行なうことができました。
日野警察署の皆様には、勝見署長を始め多くの署員の方々が快く献血に参加してくださり、この場をおかりして心から感謝申し上げます。東京日野多ライオンズクラブのメンバーも高齢化しつつありますが、若手が先頭を切って献血を行い、また、友人・知人を始め、従業員の方々にもお声をかけ、多くの方々にご協力をいただきました。

東京都障害者スポーツ大会の応援に参加しました

平成28年5月28日(土)、第17回東京都障がい者スポーツ大会(特別協賛:330-A地区)が都内各地で開催されました。当クラブでは、駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場にて開催された陸上競技・フライングディスクの応援に参加しました。ライオンズメンバーは、2日間で約900名集まり、昼食手配や表彰などを担当し、当クラブからは大塚会長をはじめ4名のメンバーが参加しました。
懸命に競技した選手に「メダルと万歳!拍手」をプレゼント!が定着し、掲示板に「皆で万歳!」と表示されると、観客スタンドからも「万歳!」の掛け声で、選手を祝福しました。
なお、当日会場では「熊本地震災害被災者支援」のご協力も呼びかけ多くの方々にご協力を呼びかけました。

熊本地震災害支援の募金活動を行いました

熊本地震にて被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。東京日野ライオンズクラブ会員一同、一日も早い復興を心よりお祈りしております。
平成28年5月21日(土)、JR八王子駅周辺にて、熊本地震にて被災された方々へ支援する募金活動を行いました。この募金活動は、ライオンズクラブ国際協会の14R1Z全体で行い、東京日野ライオンズクラブをはじめ、東京八王子陵東LC、東京八王子いちょうLC、東京八王子中央LC、東京八王子高尾LC、東京桑都LCの6つのクラブが参加しました。当クラブからは5名のメンバーが街頭に立ち、支援のお願いをさせて頂きました。
当日は、5月下旬にしては日射しの強い暑い日でしたが、多くの方々がご協力下さいました。この場をかりて改めて感謝申し上げます。ご協力頂いた募金はキャビネットに集約されて熊本に送られます。

チャリティゴルフ大会を開催しました

平成28年4月8日(金)、社会福祉事業の一環としてチャリティゴルフ大会をGMG八王子ゴルフ場にて開催しました。前日の雨も止み、春のうららかなお天気のなか開催することができました。当クラブからは大塚政雄会長をはじめ、奥住匡人実行委員長を中心として18名が協力し、総勢171名が参加しました。
頂いた浄財は当クラブの「青少年育成」「社会福祉」「薬物乱用防止教育講習会」等々の アクティビティの基金として大切の使わせて頂く予定です。

日野市産業祭にてチャリティ・バザーを開催

日野市産業祭でのチャリティ・バザー
平成27年11月14・15日、日野市市民の森ふれあいホールの体育館と駐車場を会場として、日野市産業祭が開催されました。東京日野ライオンズクラブでは、産業祭の会場内にブースを設けてチャリティ・バザーを行ないました。この収益は、被災地支援などに用いられます。14日はあいにくの雨となりましたが、15日は昼前には雨も上がりました。今年は「ご当地キャラ大集合in日野市環境フェア」と題して産業祭に多くのゆるキャラが参加し、会場を盛り上げてくれました。

日野警察署駐車場にて献血を実施

日野警察署にて献血
平成27年11月6日、日野警察署の駐車場をおかりして朝9時から午後4時までの間、献血を実施しました。朝方は冷えこみましたが、徐々に気温も上がり多くの方にご来場頂きました。
当クラブからは12名のメンバーが参加し、警察署の全面協力を頂いて、献血を実施することが出来ました。警察署員の方々をはじめ、メンバーの会社の方々、市民の皆さま、合計46名の方々に献血にご協力頂きました。

復興の道を歩む陸前高田へ継続支援!

平成26年11月24日(祝)、日暮里にて在京陸前高田人の集いが開かれ、これまで陸前高田を支援してきた当クラブが招かれました。東京日野ライオンズクラブでは引き続き陸前高田へ支援を行なうべく、FMラジオ局の移設費用の一部として陸前高田市の戸羽太市長へ寄付をお渡し致しましました。
式典では市長から当クラブと日野市の皆様へ感謝の言葉が述べられ、復興へ向けて着実に歩む陸前高田の姿が伝えられました。

チャリティコンサートを行ないました。

平成26年11月22日(土)、ひの煉瓦ホール(市民会館)大ホールにて、東京日野ライオンズクラブ結成50周年を記念してチャリティコンサートを青少年育成と東日本復興支援を目的として開催しました。約700名のお客様がお越しくださり、盛況に行なうことができました。ご参加・ご協力下さった皆様にこの場をおかりして御礼申し上げます。

日野市産業祭にてチャリティ・バザーを開催

日野市産業祭でのチャリティ・バザー
平成26年11月8・9日、日野市市民の森ふれあいホールの体育館と駐車場にて、日野市産業祭が開催されました。産業祭でブースを設け、チャリティ・バザーを行ないました。この収益は、被災地支援などに用いられます。

日野市社会福祉協議会へ寄付

平成26年10月30日、東京日野ライオンズクラブの記念事業の一環として、日野市社会福祉協議会に寄付を行ないました。写真中央は、奥住日出男会長です。

第18回みんなといっしょの運動会を開催

平成26年10月5日、今年で18回目となる「みんなといっしょの運動会」が日野市社会福祉協議会との共催で、中央大学体育館にて開催されました。あいにくの雨となりましたが、多くの方々が参加され、盛大に行なわれました。
東京日野ライオンズクラブのメンバーをはじめ、日野市社会福祉協議会の方々、中央大学のボランティアメンバーや多くの方々のボランティアのご協力を得て、一つ一つの競技に一生懸命に取り組み、運動会を楽しみました。